気になる薄毛問題を上手く解決!植毛業界の基礎知識ガイド

髭の生えた男性

自毛植毛について知りましょう

みなさんは、最近薄くなった頭が気になったりしますか?最近では、若い方の中でも悩んでいる方は、多くいるのではないかと思います。もう、なかなか生えてこなくなった生え際など、諦めてしまっている方はいませんか?そんな方には、自毛植毛がオススメです。今回は、そんな自毛植毛についていくつか見ていきたいと思います。
まず、名前の通り自毛植毛は、自分の髪の毛を気になる箇所に移植する方法です。この時に、人工的な物とは違い自分の毛を移植する為、拒否反応だったりなどがありません。なので、安心して自毛植毛を受けることができるとおもいます。この点は、大きなメリットだと思います。
自毛植毛は、1度だけの手術で終了します。他の植毛とは違い、術後に何度か通ったり定期的なメンテナンスなどがいりません。自毛植毛の手術は、1度だけですが少々お高めではありますが、メンテナンスなどがないので、結果的には他の植毛より、安く済ませることができます。自毛植毛した髪は、普通の髪の毛と同じようにし、シャンプーや頭皮ケア等のみで大丈夫なのです。このように、自毛植毛を行えば安心して気になる部分を、改善できます。興味がある方は、是非一度利用してみてはいかがでしょうか?

自毛植毛にかかる費用の相場は?

薄毛や抜け毛に悩んでいる男性は非常に多いことと思います。この抜け毛には男性ホルモンが大きく関与しており、その影響で頭頂部から毛が抜けていくことをAGA(男性型脱毛症)とも呼んでいます。主に生活習慣の乱れやストレスなどがトリガーとなり、発症してしまうこれらへの対策として、無事な側頭部などの毛を移植する「自毛植毛」が非常に有効だとして注目を集めています。その自毛植毛の費用の相場はどれくらいなのでしょうか?
自毛植毛は男性ホルモンの影響が少ない側頭部や後頭部の頭髪を頭皮毎移植し、株単位で植える植毛方法です。自毛植毛の大きなメリットとして自分の毛であることから、定着すれば自然な毛の生え変わりサイクルが期待出来ることですが、その分料金も外科手術が必要なことから高めとなっています。気になる費用の相場はクリニックによって大きく差が出ますが、概ね100万円~200万円程となりました。採取した毛(毛包)をグラフトと呼びますが、1グラフトの単価は概ね400円~500円程となっているため、上述の金額を参考にしてみて下さい。
このように、自毛植毛は100万円以上の金額がかかることも多く、ちょっと手が出せそうにないと思う方も多いことでしょう。しかし薄毛対策に育毛剤を何度も使うことを考えれば、根本的な解決になる自毛植毛はお得と言えるかもしれませんね。

刈らずメスも使わない自毛植毛とは?

植毛とは、薄毛や抜け毛に悩む方にとって根本的な解決になる非常に有用な方法です。これまでは人工の毛髪を頭部に移植する「人工植毛」が主流でしたが、自分の毛ではないためヘアスタイルを変更することが出来なかったり、異物を頭部に移植する都合で拒絶反応により炎症が起きたり、すぐに抜けてしまうというデメリットも存在していました。そこで登場したのが、まだ無事な後頭部や側頭部の自分の毛髪を移植する「自毛植毛」という方法です。その中でも、刈り上げたりメスを入れない手法の自毛植毛があるというのは本当なのでしょうか?
自毛植毛には2種類の施術方法があり、メスなどを使って頭皮ごと毛包を移植するFUT法と、メスなどを使わず行うFUE法という手法があります。FUT法は長方形に頭皮ごと切り取った毛包を採取し、薄毛になやむ頭頂部などに植毛していきます。一方でメスを入れることや採取する部分の毛が刈り上がってしまうことから、手術跡が目立つことがネックとなっています。
そこで人気となっているのが、メスなどを一切使わないFUE法と呼ばれる方法です。このFUE法は毛包を1つ1つ丁寧に採取していく方法となり、施術跡が目立つ心配が全くありません。一方で医師の技術、つまり施術の腕に左右されてしまったり、時間がかかるため大量の植毛には向かない傾向があります。しかし目立たず生活出来るメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

TOP